So-net無料ブログ作成
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ ぽちっと押してくださると嬉しいですv

本年もよろしくお願いいたします
児童書(国内) ブログトップ

「都会のトム&ソーヤ (3) いつになったら作戦終了? 」 [児童書(国内)]


都会のトム&ソーヤ (3) いつになったら作戦終了?     YA! ENTERTAINMENT

都会のトム&ソーヤ (3) いつになったら作戦終了? YA! ENTERTAINMENT

  • 作者: はやみね かおる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



内人は晴美を映画に誘う計画をたてた。
創也とふたりでシュミレーションをするために町に出たのだが、
そこで二人の小学生と出会う・・・....

好きな子を映画に誘う計画!
それまでは良かったんだけど、またまた事件に巻き込まれることに。
誘拐されそうな小学生、文化祭中の強盗犯逃走・・・・。
そして、内人は晴美を映画に誘う事が出来たのか????
創也のクールなのに、どこか抜けてるっぷりもだんだん板についてきて、
このコンビは本当に可愛らしく、青春だなぁ~♪と感じさせてくれますv

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
タグ: 児童書
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「都会のトム&ソーヤ (2) 乱!RUN!ラン! 」 [児童書(国内)]


都会のトム&ソーヤ (2) 乱!RUN!ラン!     YA! ENTERTAINMENT

都会のトム&ソーヤ (2) 乱!RUN!ラン! YA! ENTERTAINMENT

  • 作者: はやみねかおる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/07/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



竜王デパートのランダムに流れる甘栗のCM。
謎の天才ゲームクリエイター・栗井栄太と関係があるのか?
創也と内人は、真夜中のデパートの忍び込む....

冷静沈着、冷血人間な創也が、意外に考えなしで猪突猛進てきなところを見せるのがいい♪
焦りながらも、実は一番状況判断ができ、臨機応変に対応できる内人が頼もしい♪
こんな凸凹コンビがこなす冒険って、実際できるの?とおもいながらも、ハラハrドキドキが止まりませんv
とうとう栗井栄太の正体が明かされますが、
私的には、卓也さんの強さと、創也の祖母&母が気になります。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
タグ: 児童書
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「都会のトム&ソーヤ(1)」 [児童書(国内)]


都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)

  • 作者: はやみね かおる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/10/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



落ち着いた雰囲気を漂わすクラスメイト創也の秘密を知ってしまった。
そして腐れ縁となった僕・内藤内人と創也との、
冒険が始まった・・・・・....

塾と学校、忙しく退屈な日々に、冒険がやってきた!
およそ中学生とは思えない言葉遣いと雰囲気の創也と、
平凡のなかに最強のサバイバル能力を秘めた内人。
上手い具合にかみ合って、二人が始める冒険というゲームに惹きこまれます。
実は頼りがいあある?実はおっちょこちょい?
そんな不思議な二人にはワクワクしてしまいます。
そして、お目付け役の卓也さんの最強さだ好きです♪

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
タグ: 児童書
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「カラフル」 [児童書(国内)]


カラフル

カラフル

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 理論社
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: 単行本



死んだボクの魂はもう一度輪廻のサイクルの戻るために、
下界に降りて、誰かの体で生き、自分の犯した悪事を思い出さなければならない。
天使プラプラの助言(?)を受けながら、「小林真」の体に入ったボクは、
一見平凡な暮らしの中に、とてつもない複雑さがあることを知る....

真の性格、母の気持ち、父の想い、兄の悩み、真を取り巻くクラスメイトたち。
誰かを思いながらも、自分も大事だから、すれ違ってしまう。
それが見事に表現されていて、誰も悪者ではなく、それぞれが悩んで起きてしまった結果なのかな。
真ではないボクが他人事として一歩踏み込むことによって、明るみに出るいろんな気持ち。
辛い部分もあるけれど、腹割って話すことで、いろんな世界が見えてくる。
ただ、母の浮気、ひろかの援交めいた行為は、分かり合えたからってスルーできる出来事じゃないと思うけど♭
悩むことも道だし、生きてるってことなのかな。
早乙女君は凄くいいヤツだった!!!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
タグ: 児童書
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「酪農家族〈3〉波うつ青い穂」 [児童書(国内)]


酪農家族〈3〉波うつ青い穂

酪農家族〈3〉波うつ青い穂

  • 作者: 立松 和平
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本



黄金のチーズを作る為、猫田技師が訪れたのは、過疎化の進む土地の牧場。
子供の頃に見た風景を取り戻そうと、都会から帰って来て、
牧場の仕事を盛り立てようとする洋一。
豊な自然に囲まれるも、遊ぶ友達がいない弟の洋太。
青刈りされたイネを食べる牛たちから、どんな素敵なチーズができるのか・・・...


過疎化が進み、減反政策で農地は荒れている。
昔は豊でキラキラと輝いていた自然が、なんだか廃れて見えてしまう光景です。
そんな中で小さな牧場を切り盛りする家族と猫田親子の交流はいつも暖かい。
イネを青刈りすることで減反にもなり、ウシの餌にもなる・・・素晴らしい知恵だと思いました。
そして、いつもどおり猫田技師のウシに対する愛情は本から溢れんばかり。
「人が食べられない硬い草を、ウシが食べて、素晴らしいミルクにしてくれる」この繋がりって素晴らしいですね!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
タグ: 児童書
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
児童書(国内) ブログトップ
メッセージを送る